マンションリノベーション戸建リフォームなら千葉市にあるキューブデザインへ!お得なパックリフォーム提案型リフォーム・介護リフォーム・賃貸修繕・古民家再生は当社へ

リフォームの種類

住宅リフォームと言うと、みなさんはどんなことを想像されるますか?
ひと口に「リフォーム」と言っても、数千円で済んでしまう網戸の張替え工事もリフォームですし、家全体を増改築する1,000万円以上かかる工事もリフォームです。 ここでは、初めてリフォームを検討されるというあなたのために、リフォーム工事の種類についてご説明したいと思います。

●水廻りリフォーム

キッチン、トイレ、お風呂など水まわりのリフォームをする場合。
システムキッチンやシステムバスなどの設備機器を入れ替えるだけでなく、水道管の位置を変えたり、給湯機器の入れ替えなどをしたりします。

●外廻りリフォーム

屋根、外壁塗装をはじめ、ガーデニングや外構工事が含まれます。
外まわりのリフォームは、大規模な工事になることが多いので比較的費用がかかるものが多いです。

●内装

住宅の内部を工事するリフォームをまとめてしまいましたが、壁紙(クロス)の張替え、収納スペースの確保、床の張替えなどが該当します。
最近では、とくに自然素材をつかったリフォームが注目を浴びています。弊社でもゼロホルム建材を使った工事にいち早く取り組んでおります。

●増改築(全面リフォーム)

家を丸ごとリフォームしたり、間取りを変更したりするリフォームのことを指します。
家を建替えるよりもリフォームした方が費用が安く済むだけではなく、都市部では法律の問題で、建替えると今より狭い家しか建てられなくなってしまう(セットバック)という方に人気です。 テレビで話題になっているリフォームは、これに該当しますね。

あなたのご要望に合わせてリフォームではいろいろなことができます。
しかし、その反面、リフォームでどんなことが出来るのかが想像しづらかったり、そこにつけ込んだ悪徳リフォーム業者が出没したりします。
そんな分かりにくいリフォームの仕事について解説したいと思います。

増改築工事

生活スタイルは、家族の成長や家族構成の変化、暮らし方の変化などでかわってきます。 リフォームにもっとも大切なのは、日々の生活をどのように過ごしたいか、家族のコミュニケーションをどうしたいかということです。食事の時間、帰宅時間、家族の生活のリズムを考えにいれて増改築のプランを立てることが満足する増改築への近道です。
たとえば、二世帯住宅なら二つの世帯がどのようにつき合いたいか。一日の生活パターンで重要なのは何か。どこに不満があり、どう解消したいかなどをふまえた上で、暮らしにピッタリのプランを考えていくことが大切です。

ダイニングキッチン+洋室をLDKに改装

キッチン増改築
ダイニングキッチンとリビングルームを、広々したLDKに改装。システムキッチンを導入し、建具類も一新。内装は、床・壁・天井を貼替えて明るさを演出。いつでも家族が集まれる明るい空間に生まれ変わります。

和室の改装

和室リフォーム
床の間、押入れ付きの和室を改装。襖・障子を貼替えて、壁はじゅらく塗りにし、天井、框、畳も新しく。清々しい和室に変わります。

子供が大きくなり、ライフスタイルが変化

リビングリフォーム
子供が成長し、ライフスタイルの変化により全面改装を。夢やご要望をしっかりとらえながら、最適なプランをご提案します。

エクステリアリフォーム
もう一つのリビング・庭廻りを家族が笑顔ですごせる心地よい庭へ。

 

ウッドデッキリフォーム
庭廻りは最も住む人の個性が現れる場所。そして家族が集える第2のリビング。人気のウッドデッキなどゆったりくつろげる空間は生活にゆとりとくつろぎを与えます。まずは住む人の夢をお聞かせください。

住まいの顔を演出する玄関廻りに表情豊かな演出を

玄関リフォーム
玄関へのアプローチは住まいの顔。門扉や敷石、フェンスなど住む人の個性に合わせた表情豊かなエクステリア商品を取り揃え、提案しています。

大切な愛車を守るカーポートの設置

カーポート設置
雨や雪はもちろん、突然の雹(ひょう)や黄砂(こうさ)などから大切な愛車を守ります。洗車の手間や費用、夏場の車内温度の上昇も軽減でき、乗り換え時の下取り査定も考えるとぜひ付けておきたいエクステリアアイテムです。

その他、エクステリア工事もお気軽にご相談ください。
■サンルーム
■テラス
■外溝工事
■ガーデニング各種

オール電化リフォーム

「オール電化」とは、住宅のエネルギーを電気でまかなうライフスタイルです。
清潔で安心の「IHクッキングヒーター」、エコロジーな給湯システム「エコキュート」、室内の空気を汚さず水蒸気を発生させない足元ポカポカの「床暖房」で、家族の健康・安全に配慮。さらに、光熱費ゼロへ挑戦する「太陽光発電」で家計にも地球にもやさしい住まいに。


IHクッキングヒーターは、火を使わず、磁力線の働きで鍋そのものを発熱させます。
高火力からトロ火まできっちり火力調整が可能。だから、料理も美味しく仕上がります。

「ヒートポンプ」で空気の熱を使ってお湯を沸かすエコキュート


エコキュートはヒートポンプによって、大気中の熱を給湯に必要な熱エネルギーとして利用します。そのため、ヒーターで水を温める電気温水器に比べてエネルギー効率に優れ、省エネ性や環境保全性の高い給湯機です。
昼間より約70%も割安な夜間の電気を使い一日に必要なお湯を貯めておくことができるので、ランニングコストを安く抑えることが可能です。

足元から暖かい床暖房

床暖房
床暖房は足もとからぽかぽかに暖まり、燃焼ガスなどが出ないので、お部屋の空気はいつもクリーン。
※床暖房の暖め方は、バリエーションが豊富です。ライフスタイルに合わせてお選びください。

太陽光発電で「オール電化」をフル活用

太陽光発電
暮らしに必要なエネルギーを電気でまかなうオール電化。太陽光発電を導入すると、太陽光発電でつくった電気をフルに活用できるので、光熱費をぐっと抑えることができます。

バリアフリーリフォーム
全ての人に使いやすい環境づくり 〜「誰が住んでも安全で使いやすい」リフォーム〜

バリアフリーリフォームは、ハンディキャップがある方や介護される方だけのための住宅改修ではなく「誰が住んでも安全で使いやすいこと」。
手すりの取付け・段差の解消はもちろん、これからの過ごしやすい住まいづくりをご提案します。

玄関・階段・引戸

玄関バリアフリー
段差を減らすスロープと、歩きやすいように手すりも設置し、優しい玄関口へ。
数センチの段差でも、つまずきの原因になり危険です。筋力が衰えた方の歩行の補助や転倒防止に手すりを設置します。
また、ドアを引戸に換えることで、自力でのドアの開閉を促すことができます。構造・幅員・移動スペースを確保することも必要です。

廊下

ホール・廊下のバリアフリー
車椅子での移動のしやすさも考えて、廊下幅にゆとりのある設計を。各部屋の入口段差を抑え、安全性に配慮します。

トイレ

トイレのバリアフリー
衣類の脱着スペースや体を方向転換するスペース、体を支える手すりなどがポイントです。

浴室・洗面所

お風呂のバリアフリー
出入り口の開口幅を大きめにしたり、浴室の床を滑りにくいものに変更します。身体の移動が楽になるよう手すりも設置。
安心して入浴できるように、浴槽の大きさや手元で操作できるシャワーにするなど配慮し、快適な入浴が行えるようにします。

キッチン

キッチンリフォーム・バリアフリー
「移動スペース」や「効率の良い動線」の確保によって、ゆとりあるキッチンにリフォーム。
使う人の高さに合わせたキッチンカウンターや安全性の高いIHクッキングヒーターで、楽しくお料理できます。

介護保険制度について 〜介護保険公的補助を賢く利用〜

介護保険制度には、要介護認定を受けた方の介護のために行う住宅改修に対して、最高20万円を補助の対象として、自己負担額1割で工事ができるという制度があります。
また、各自治体では、これとは別に住宅改修に対する助成金を支給しているところもあります。

住宅改修における公的補助は、手すりの取り付けやバリアフリーなどの工事により、要介護の認定を受けた方の自立を助け、生活の質を高めることを目的にしています。住宅改修の支給限度額は、要介護度に関係なく最高20万円(消費税込)までとなっています。つまり、リフォーム費用のうち、20万円分までは支給申請することができます(1割は自己負担となるため、給付額は最高18万円となります)。
※住宅改修の給付は原則として、受給者1人につき1回限りですが、要介護度が3階級以上あがった場合や、転居の場合には再給付が受けられます。また、分割利用も可能となっています。

内装リフォーム

内装リフォーム
一口に内装のリフォームといっても、ちょっとしたメンテナンスから大規模なリフォームまでさまざまです。手軽に改善を図る小さなリフォームか、全面的にリフレッシュする大きなリフォームにするのか、予算や工期などから見極めると良いでしょう。

リビング・ダイニングのインテリアリフォーム

LDK、リビング・ダイニングのリフォーム
内装の汚れや傷みは目につきやすいもの。クロス(壁紙)や障子の貼り替え、フローリングの小さなキズ補修など簡単な修繕から、床の貼り替えや間取り変更を伴う中規模・大規模のリフォームまでその種類はさまざまです。

畳のリフレッシュ

和室、畳表面の色あせや摩耗が目立ってきたり、弾力性がなくなったり、凹凸が激しくなったり、畳との間に大きな隙間ができたら、畳替えを検討する時期です。

家族の構成、暮らし方によって、どんなスタイルが自分たちに合っているのか、じっくりと考えたいものです。お客様のご要望にお応えするため、納得のいくまで打ち合わせを重ね、ライフスタイルにぴったりのリフォームをいたします。

外壁のリフォーム

人間が歳を取るとシワが増えたり、筋力が衰えたり、骨がもろくなるように、住まいも時間がたつにつれ衰えていきます。定期的に住まいの検査などをおこない、状況に応じた適切なメンテナンスをすることで、住まいをより長く、より美しく保つことができます。

外壁リフォーム
外壁の役割のひとつに建物の外観を決める意匠性があります。住まいはそこに住む人の個性が反映されます。特に外壁は印象に強く残るもの。いつまでもきれいで、心地よい印象を演出するという観点からも外壁のメンテナンスは大切です。  

また、優れた外壁は、耐震性や耐火性にも効果を発揮します。地震で建物が倒壊する要因のひとつとに外壁の脆弱性があります。建物の外壁の劣化に気付かずに、雨水などが柱や土台にしみ込んで腐食してしまうと、建物の耐久性が失われ倒壊を招く危険性があるのです。

外壁・サイディング

外壁・サイディング
既存の建物からガラリと表情を豊かに変身させるサイディングは、本物の質感と外観の美しさと快適さを長期間保ちます。しかも断熱効果が高いので夏は涼しく、冬は暖かく、省エネ効果抜群です。

外壁・塗装

外壁の塗替えは塗料によって外壁の耐久性や機能が違います。現在の住まいの下地の状態に合った塗料で塗替えれば、快適性能が向上し、住まいも長持ちします。

このような症状が見られたら塗り替え時期です。

  • チョーキング (白粉がつく)
  • かび・藻
  • ヒビ割れ
  • 変色
  • 塗膜のはがれ

下地の劣化具合や、どのような機能が必要かといった要望に応じて最適な材料、工法をご提案いたします。

屋根

屋根は、太陽光線や風、雨や雪などの自然要因から私たちのくらしを守る大切な役割を果たしています。

屋根リフォーム
真夏の炎天下では屋根の表面温度は最高60℃にも達します。したがって、屋根材は苛酷な自然条件に耐えうる材質であることが必要です。通常、瓦は30〜40年の耐久性があるといわれています。ただし、この耐久性を最大限に生かすには定期的なメンテナンスが欠かせません。
現状の屋根材を確認し、適切なメンテナンスを行いましょう。

代表的な屋根の種類と長所・短所

粘土瓦屋根

■粘土瓦

<長所> 耐久性、重厚感、断熱性、防音性、意匠性
<短所> 重い、施工性

セメント瓦

■セメント瓦

<長所> 安価、加工性
<短所> 重い、耐候性

スレート

■スレート屋根

<長所> 軽量、施工性、安価
<短所> 耐候性

スレート

■金属屋根(ガルバリウム鋼板等)

<長所> 施工性、安価
<短所> 断熱性、遮音性、耐候性

お家の屋根で次のことが気になったら、一度点検してみましょう。
●築10年以上になる ●屋根が色褪せてきた ●金属部が錆びてきた ●天井や壁にシミができる ●雨漏りがする ●雨音が気になる ●瓦がズレたり割れたりしている ●雨樋から水があふれる ●冷暖房の効きが悪い

水まわりリフォーム
気持ちよく過ごせる毎日、ゆとりある生活へ

設備のリフォームの中心はキッチン、浴室、トイレ、洗面所などの水廻り。設備はまめに手入れすることで長持ちしますが、やはり年月の経過とともに機能が低下してくるものです。設備を最新機器に取り替えることで、家事の省力化が図れたり、掃除の手間が省ける、また省エネ・省資源化による家計への負担軽減といったメリットが生じることもあります。

キッチン リフォーム
キッチンは、誰が主になって使うのかということから、その人が使いやすく、動きやすいものにすることが大事です。一番よく使用する人の意見を取り入れましょう。また、調理や収納、片付けなど、どこに重点を置いて改善するのかということもポイントになってきます。

水廻りを中心とした設備のリフォーム

お風呂・洗面 リフォーム
水廻りのリフォームは浴室、洗面所、トイレとバラバラにリフォームするより、まとめて行ったほうが費用や工期がかからずに済みます。特に一戸建の基礎のやりかえやタイル工事などは、一度にやることで大きなメリットが得られます。

日々の生活をもっと豊かに、快適に!最新設備で快適なライフステージを

使い勝手のよさと手入れのしやすさ、充実した収納や機能を兼ね備え、デザイン性にも優れた最新型の設備で毎日を豊かに。

トイレ リフォーム
使いづらかった和式トイレも洋式に変更する事で、楽に使用できるようになります。また、古いタイプの便器に温水洗浄を設置するだけで格段に快適になりますので、手軽にできるリフォームとしてオススメです。

無料お見積り・お問い合わせはお気軽に! TEL 0120-95-7417 受付時間 9:00~18:00(水曜定休)

PAGETOP
Cube Design©2009-2015 All Rights Reserved.